最新のテクノロジー〜未来を変えるマシン〜

高度な精度を求める

精密機械加工の値段は高いのです

精密機械加工は難しいのです。ですから、加工をする時には多大な手間がかかってしまいます。精密機械加工を利用するときはコストを覚悟をしなければなりません。小さな製品でも数万円になってしまうことがあります。ですから、ここぞという時に利用をするべきであります。高精度な部品を利用するべき場所で使えばいいのです。大量生産をするようなパーツには向いていません。車の歯車など精度の必要となるパーツを作るために精密機械加工が役立ちます。図面を描いてそれを持って業者に依頼をするのが一般的な流れでありますが、価格はどうなるのかというのは企業次第であります。ですから、一度見積もりをとってもらってから行動をするべきです。

一般的な加工の流れを説明します

精密機械加工には加工の流れがあります。まず最初に旋盤で金属を削ります。アルミニウムや鉄、ステンレスなどを旋盤で削ります。そして、おおまかな形をつくってからそれに焼入れをします。焼き入れとは熱を加える事によって金属の強度を向上させる作業です。その後に表面を削ることが出来る研削盤を用いて仕上げていきます。最後は人間の手作業になります。このような流れを得て1000分の1レベルの精度を出すことが出来るのです。見ての通り、手順が多いので加工品の値段が高くなってしまうのです。材料費は大したことがないのに、値段が高過ぎるという考えは間違っています。精密機械加工は手間がかかるので、人件費が一番かかっているのです。