最新のテクノロジー〜未来を変えるマシン〜

金属の特性を知る

金属は特性を考える必要がある

金属には特性といったものがあるので、その特性を考えて使うことが大事なことです。その特性のひとつに引張り方向の力に対する金属の特性を調べるのが引張試験です。引張りの力というのは金属にかかる力としてはかなり多いですから、この引張試験の結果というのは、かなり参考にされることに多い試験結果といってもいいでしょう。引張試験の他には圧縮試験といったものもあり、こちらもかなり参考にされることの多い試験結果といってもいいでしょう。引張試験と圧縮試験は金属の特性をしる試験として代表的な試験です。多くの金属の特性がこれらの試験結果からわかるようになっていて、これをもとにさまざまな金属がさまざまな用途に使われているのです。

引張試験でわかること

引張試験によってわかるのは、金属が引張りの力に対してどのように変形していくかといったことです。最初金属は引張りの力がくわわると、その力の方向に伸びていくことになるのです。そして、その力が大きくなるほどその変形量は大きくなるのです。ただ、この引張りの力がなくなると元の形に戻るのです。そのためこの変形を弾性変形というのです。ですが、この引張りの力がもっと大きくなるとあるところ以上で変形が元に戻らなくなるのです。このときの変形を塑性変形といい、弾性変形から塑性変形に変わる瞬間のところを降伏点というのです。ですから、金属に降伏点以上の力が加わると変形してしまうので、それ以上の力が加わらないようにするといったことを考えて使うのです。